*

紹介と著作権

インターネットで閲覧できるサイトには、公式と呼ばれるものと、それを紹介しているサイトなどがあります。

公式と呼ばれるものにはその会社や個人の権利に関わっているものがあり、意匠権や著作権、その他の特許などを勝手に使用することで法律問題になることがあります。提訴される可能性だって否めません。

しかし、「http://spring-pat.com/」といったホームページアドレスを掲載したからといってそれに値することはありません。勝手に使用することではありませんので。ただし問題となるのは、誹謗中傷をしたり相手に迷惑をかけることがある場合、訴えられてもしかたのないことです。

公に公開されている。それをきちんと把握してサイトを作るということになりますが、会員のみが閲覧できるようにしてあってもそれをしてはなりません。

もしも必要があってそれに触れる可能性がある場合には、専門家のサイトを訪れて調べてみるとよいでしょう。また、あなた自身がサイトに用いるイラスト等のデザインでも他者が使うことが内容にしたい場合にも弁理士に相談することです。

商売を考えており、自作した絵に意匠権をつける方は昔に比べて多くなりました。その方が作る作品のロゴマークとして利用したり、デザイン性の良さから譲渡、または貸し出すことを考えている方もいらっしゃるようです。



コメントする